建設機械パーツの専門店|建機チャンネルへようこそ


コンマ1、コンマ2・・とは


油圧ショベルのバケットの容量(立米,m3)のことです。


機械に通常ついている標準バケットの容量を元に計算します。

コンマ1は  0.1m3(立米)

コンマ2は  0.2m3(立米)

コンマ25は 0.25m3(立米)

コンマ45は 0.45m3(立米)

コンマ7が  0.7m3(立米)



標準以外のバケットを装着すると当然バケットの容量は変わりますが


通常ですと機械本体の大きさをあらわす際にコンマ〜という呼び方をします。


今と昔の機械では大きさや容量計算方法が変わっている場合もありますが


通常下記のような分類となります。

コンマ1   3トンクラス    コマツPC30  日立ZX30  クボタRX3系等

コンマ2   5トンクラス    コマツPC50  日立ZX50  クボタRX5系等

コンマ25  7トンクラス    コマツPC75  日立ZX75  CAT307等

コンマ45 12トンクラス    コマツPC120 日立ZX120  CAT312等

コンマ7  20トンクラス    コマツPC200 日立ZX200  CAT320等

コンマ1より小さいクラスの機械は、無理にコンマ0.0~m3などと呼ばず、2トンクラス、1トン未満などと呼ばれます。